つぶやきのまとめ(モタスポ部)

モータースポーツ関連の2ch、Twitterなど情報まとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【ハイポーション】とは?
    ハイポーションとはファイナルファンタジーシリーズに登場する回復アイテムで、ポーションの上位に当たる相手である。
    ネット上でハイポーションと言われるとこちらの意味で使われる事も多い。 
    ニコニコ馬鹿四天王(褒め言葉)の一人である馬犬が制作したポーションである。具体的には期間限定で販売されていたポーションと市販のドリンク剤と鷹の爪等(乾燥剤)を調合することで完成する究極のポーションである。ポーションのイメージとは程遠いコーヒー牛乳あるいは泥水のような色をし、効果としては猛烈な臭い(マイルドに表現してゲロ)を発して味覚を塩酸の如き味で破壊しつくし瞬時に嘔吐魔法ゲロガを発動出来る程のものである。
    引用元↓



     




    今話題になった理由は?


    中の人がバーチャルユーチューバーとしてデビューして話題となっています。

    動画が見られない場合はこちら


    Twitterでの反応

      【《話題のワード》【ハイポーション】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    てんちむとは?
    YouTubeでてんちむチャンネルを運営する人気YouTuber
    橋本 甜歌(はしもと てんか、1993年11月19日[1] - )は、日本の女性タレントモデルYouTuberグラビアアイドル。チャンネル登録者数は2019年8月時点で約84万人。
    小学校1年生のとき芸能活動を開始[2]。2004年4月、小学校5年生のときNHK教育『天才てれびくんMAX』へのレギュラー主演が決まり、以後3年間「てんかりん」として出演し人気を集めた[2]。ジュニアアイドル、ジュニアモデルとして写真集やイメージDVDをリリース、学研プラスファッション雑誌ピチレモン』の専属モデルも務めた[2]。2007年3月に『天才てれびくん』を卒業すると中学校2年生で同年夏放映の連続ドラマ『こどもの事情』の主演を務める[2]。この頃から素行不良となり、自身の携帯用ブログのプライベート写真がネット上で炎上する騒ぎとなった[2]。当該ブログは同年末に閉鎖。翌2008年には事務所を退所し一旦芸能界を引退した[2]
    Wikipediaより引用↓


    Screenshot (1)
    画像Instagramより


    話題となった理由は?

    9月2日に放送されたバラエティ番組「中居くん決めて!」(TBS系)に出演。YouTuberに転身した、現在の年収が明かされた。22歳でYouTuberに転身し、現在は“高級外車7~8台分”の年収を稼ぎ、家賃60万円のマンションで生活していると紹介された。
    記事より引用↓



    Twitterでの反応

    【《19.9.3話題の検索》【てんちむ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    滝川クリステルとは
    滝川 クリステル(たきがわ クリステル、Christel Takigawa、1977年10月1日 - )はフリーアナウンサー、動物愛護生物保全活動家。結婚前の本名は滝川 ラルドゥ・クリステル雅美 (Takigawa Lardux Christel Masami) 。身長160cm、血液型AB型[2]
    2019年(令和元年)8月7日に衆議院議員小泉進次郎と結婚すること、妊娠していることを発表した[13]首相官邸安倍晋三首相と菅義偉官房長官に結婚を報告し、その後報道陣の取材に応じた[13]。翌8日に婚姻届を提出[14]結婚後の姓は非公表。
    Wikipediaより引用↓





    話題となった理由は?

    「身内での結婚式を終えました」とInstagramで報告したことが理由
    小泉進次郎衆議院と軽井沢の教会で身内のみの挙式を終えウエディングドレス姿をインスタで披露しました。




    Twitter民の反応は?
    【「19.9.2話題の検索」【滝川クリステル】についてツイッター民の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    新井浩文とは

    1979年青森県[1]弘前市[2]に生まれる。在日朝鮮人三世だったが、2005年朝鮮籍から韓国籍に変更した[3]。小学4年生の時から卓球を始め、高校時代は全国大会にも出場した[7]青森県立弘前実業高等学校卒業[2]後の進路として日本映画学校への進学を希望していたが、遅刻が多かったので推薦できないと教師に言われたため断念した[8]

    漠然と「有名になりたい」という思いで、19歳のときに上京上町の屋台で荒戸源次郎と知り合い[9]大楠道代の付き人となる[2]

    2001年映画GO』でデビュー。2002年、映画『青い春』で映画初主演(松田龍平とのW主演)で情緒障害高校生の青木を演じる。同作の演技で高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞した。2005年に映画『ゲルマニウムの夜』で単独初主演を果たす。同作で初の濡れ場を演じている。2011年ロシアドイツ合作映画『ヤクザガール』で日本国外の映画に初出演した。全国上映する前に第3回したまちコメディ映画祭in台東で日本初公開。

    Wikipediaより引用↓


    話題となった理由は?

    女性への性的暴行容疑に関する裁判が始まったため




    ツイッター民の反応は?

    【「19.9.2話題の検索ワード」【新井浩文】に対するツイッター民の反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    水曜どうでしょうとは

    1996年10月10日10月9日深夜)に放送を開始。レギュラー出演者は鈴井貴之大泉洋、ロケ同行ディレクター藤村忠寿ディレクターと嬉野雅道ディレクターの2名。基本的にこの4人が無謀な旅をし、その模様を放送する。放送開始当時は固定の出演者・企画を設定せずに、前身番組である『モザイクな夜V3』の延長線上の番組として様々な企画を行っていた。しかし、そのうちの一つである「鈴井・大泉による旅メインの企画」が人気となったことから、1997年後半には旅企画へと一本化し、現行の出演者とディレクターがひたすら会話を繰り広げていくスタイルとなった。番組初期に放送された「鈴井・大泉の旅企画」以外の企画については初期企画の項を参照。

    番組の放映開始当初から「低予算」「低姿勢」「低カロリー」の「3低」をモットーにしている。初期は数回分の製作予算での日本国内での移動が多かった。しかし、後期になると数か月分の制作予算を一気に使って行く日本国外への旅がメインとなった。

    2002年9月25日にレギュラー放送を終了。その際に「今後、一生続けられるペースで『水曜どうでしょう』をやっていく」と宣言(いわゆる『一生どうでしょうします』宣言)。レギュラー放送終了後は不定期での新作放送や、過去に放送された企画の再放送・DVD化が行われている。また、テレビ放送以外の形でファンを楽しませることを目的として、『どうでしょう本』の制作や『水曜天幕團』による演劇公演などさまざまな番組関連企画が行われている。

    以上Wikipediaより 引用元↓



    急上昇の理由は?

    6年ぶりの最新作、放送が決定!!!


    【中古】 水曜どうでしょう 第6弾 「ジャングル・リベンジ/6年間の事件簿!今語る!あの日!あの時!/プチ復活!思い出のロケ地を訪ねる小さな旅」 /鈴井貴之/大 【中古】afb
    【中古】 水曜どうでしょう 第6弾 「ジャングル・リベンジ/6年間の事件簿!今語る!あの日!あの時!/プチ復活!思い出のロケ地を訪ねる小さな旅」 /鈴井貴之/大 【中古】afb
    Twitter民の反応は?
    【【検索急上昇】【水曜どうでしょう】に対するツイッターでの反応】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1591634




    【【話題のツイ】クマも自〇するんか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Screenshot (1)




    動画が見られない場合はこちら
    【【炎上】西武池袋線の車内でアクロバティックにイチャつくバカwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1472562




    動画が見られない場合はこちら
    【【うける】腰が抜けたおじさんLv.100wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ