つぶやきのまとめ(モタスポ部)

モータースポーツ関連の2ch、Twitterなど情報まとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2018年8月に亡くなられた、漫画「ちびまる子ちゃん」の作者さくらももこさんを偲ぶ会に
    TVアニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディング曲「おどるポンポコリン」を歌うB.Bクイーンズも参加しました。その時の服装が話題となっています。



    賛否あるようですがおおむね好意的に受け取られているようです。
    両者の関係があればこそですね。

    さくらももこ

    日本漫画家作詞家脚本家。また、自身の少女時代をモデルとした代表作『ちびまる子ちゃん』の主人公の名前でもある。静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身。血液型はA型。身長159cm。一男の母親。

    エッセイストとしても活躍した。独特の視点と語り口で、初期エッセイ集三部作『もものかんづめ』『さるのこしかけ』『たいのおかしら』はいずれもミリオンセラーを記録。ウィキペディアより

    ちびまる子ちゃん

    本作品は、1974年から1975年にかけて静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした作者のさくらももこの投影である小学3年生の「ちびまる子ちゃん」が、家族や友達と共に繰り広げる日常生活を描いたコメディ漫画。アニメでもテレビスペシャルなどによっては時代設定が放送当時に合わされている場合があるが、基本的には先述の時代設定が一貫されている[1][注 1]ウィキペデアより

    さくらももこ に対する画像結果

    BBクイーンズ

    1990年、アニメ『ちびまる子ちゃん』のエンディングテーマ「おどるポンポコリン」でデビュー(当初は覆面ユニットであったため、メンバーのプロフィール等は暫く伏せられた)。同年のオリコン年間シングルチャート1位のヒットとなり、同年の第32回日本レコード大賞ポップス・ロック部門を受賞。

    第41回NHK紅白歌合戦』にも出場している。ウィキペデアより



    記事を気に入っていただけましたら、ブックマークをお願いします。

    Twitterアカウント「つぶやきのまとめ」のフォローもお願いします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    子供のころにアニメのキャラクターや芸能人に恋をして「あの人と絶対に結婚する」と考える事は誰にでもあります。

    この方は、ドラゴンボールに登場する「フリーザ様」に恋をしてしまったそうです。

    ちなみにフリーザ様と言えば
    フリーザ

    宇宙最強の存在として初登場した「宇宙の帝王」と恐れられる宇宙人。ナメック星編における物語の根幹を成す悪役

    数多くの部下を従えて環境の良い惑星の生命体を絶滅させ、自らのコレクションとしたり他の異星人に売り飛ばす星の地上げ行為などの悪事を行っていた。破壊し尽くした星を除いても支配している惑星は数百を越える[1]。数々の星を次々と征服しつつ、同時に全宇宙から戦闘力が高い人材を集めて自らの配下を増やしていった結果フリーザ一味は様々な異星人が揃った混成部隊となっている。ウィキペデアより

    フリーザ様は理想の上司としてネット上では、話題になることがあります。




    その理由として


    部下にも敬語を使うフリーザ様
    http://livedoor.blogimg.jp/rapidhack/imgs/3/3/331f5c31-s.jpg (44105)


    優秀な相手には敵であっても認め自らスカウトするフリーザ様
    https://ssl-stat.amebame.com/pub/content/8265872137/user/article/136460984332323948/2e014c6e8064b6bb75a7890ad681c3d1/cached.png (44109)

    挽回のチャンスを与えるフリーザ様
    https://ssl-stat.amebame.com/pub/content/8265872137/user/article/136460984332323948/e56878b902b0c87d8709e473f4976028/cached.png (44125)

    その他にもフリーザ様の理想の上司ぶりは話題となっています。

    ↓こちらのサイトにまとめられていました。
    【解説】フリーザが理想の上司と言われる訳を名シーンで検証

    そんな、フリーザ様であれば恋をしてしまうのも仕方がないかもしれません。

    フリーザ様に恋をする19歳の少女
    そのことを告白された母親は母として女としてどう答えるのか?
    ソース画像を表示





    記事を気に入っていただけましたら、ブックマークをお願いします。

    Twitterアカウント「つぶやきのまとめ」のフォローもお願いします。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    おしゃれな服屋さんに行く服を買いに行くみたいなことです。



    ここまですれば、なめたことは言われませんね

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    本編が完結しても、新作スピンオフ映画が公開されるなど、大人気の「ハリーポッターシリーズ」
    テレビでの再放送も高視聴率のようですが、
    ハリポタが放送されるたびに、本編の内容とは全く関係のないワードがネットで盛り上がりをみせます。

    そのワードとは・・・・「名前を言えないあの人」



    なぜか関係ない方まで巻き込まれて大人気です


    Twitterからも分かるように

    「名前を言えないあの人」
    =シリーズのラスボス「ヴォルデモート」です。
    ヴォルデモート に対する画像結果

    ヴォルデモート

    主人公ハリー・ポッターの最大最強の敵。イギリス魔法界で広く恐れられる、闇の魔法使い。「純血主義」の下、マグル出身者の排除を目論んでいる。

    かつて赤ん坊のハリー・ポッター殺害の際、リリー・ポッターの愛の魔法によって失敗し、力を失う。そのため、自身の復活を目論んで暗躍し、炎のゴブレットで復活してからは自らの最強を証明すべく、力を失った原因であるハリーを執拗に付け狙う。ウィキペディアより

    なぜ名前を呼んではいけないのでしょうか?

    なお7巻では"ヴォルデモート"という名前を口にしただけで保護魔法が破れ、居場所が感知され、転移魔法で即座に死食い人達の襲撃を受けるという「言霊の呪い」が英国全域にり巡らされており、マジで名前を呼んではいけないようになっていた。おそらく作中以前の暗黒時代も同様だったと推測ができ、それが"名前を読んではいけないあの人"と呼ばれるようになった最大の原因だと考えられる。
    ニコニコ大百科(仮)より

    ということのようです。

    日本に「噂をすれば影」ということわざがありますが、
    フランスにも「オオカミの話をするとそのしっぽが見える」ということわざがあるので、
    うわさ話は、その人を呼び寄せてしまうという考え方が、どこにでもあるようです。


    onepieceのエネルみたいですね(笑) エネルとは→(ピクシブ百科事典


    Twitterで巻き込まれてしまった方々は、なぜ名前を言ってはいけないのでしょうか?

    斎藤佑樹
    さんは調べましたが分かりませんでした。上手く活躍できていないからでしょうか?
    Yuki Saito on March 16, 2012.jpgウィキペディアより


    清原和博
    さんは薬物事件での逮捕がきっかけで、「なんJスタジアム」などのサイトで「◯原」「清▲」と呼ばれネタにされているてようです。
    Kazuhiro Kiyohara 19901013.jpgウィキペディアより


    能年玲奈
    さんは事務所を移籍するときに、ケンカ別れしてしまったために、元の所属事務所が商標登録していた能年玲奈を名乗って現事務所で活動できなくなってしまったようです。
    本名である能年玲奈ではなく「
    のん」さんとして活動されています。
    ウィキペディアへ
    能年玲奈 に対する画像結果






    記事を気に入っていただけましたら、拍手ボタンをお願いします。

    Twitterアカウント「つぶやきのまとめ」のフォローもお願いします。


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    星野源さんが出演する「どん兵衛」のCMの海外エピソード「どんフォックス偏」
    吉岡里帆さん演じる「どんぎつね」に、ライバル「どんフォックス」が登場します。

    公開されたのは、ずいぶん前なので皆さんご存知だと思います。

    なぜ今更話題にするのかというと、どん兵衛のARアプリが登場し管理人も試してみたからです。
    妄想が膨らむこのアプリを利用して、どんフォックスさんの事を思い出してしまいました。


    アプリをダウンロードして、どん兵衛のきつねうどんと天ぷらそばのパッケージにスマホのカメラをかざします。
    Google PlayとApp Storeでアプリを無料でダウンロードできます。
    Google play   App Store

    このことがきっかけで、どんフォックスさんについてTwitterで検索してみると



    意外と人気
    そこで調べてみました。
    どん兵衛のCM4
    どんフォックス役の方は「カタリナ」さんという方でオーディションで選ばれた方のようです。
    調べても他の情報が出てこないので、新人の役者さんなのだと思います。
    大変綺麗な方です。

    お馴染みどんギツネ役は「吉岡里帆」さんですね。
    吉岡里帆 に対する画像結果
    吉岡さんも可愛らしい方です。
    こちらは日本の女優さんで有名な方なので、ウィキペディアもあります。


    ちなみにGoogleで「どんフォックス」と検索しようとすると、
    「ドンファン」「ドンファン 妻」などが予測変換されてしまいます(笑)




    今回の記事とは関係ありませんが

    ドン・ファン西Don Juan[1])は、プレイボーイ代名詞としても使われる、17世紀スペインにおける伝説上の放蕩児を指す。日本語での表記・発音には「ドン・フアン」も見られる。ウィキペディアより



    記事を気に入っていただけましたら、拍手ボタンお願いします。

    Twitterアカウント「つぶやきのまとめ」のフォローもお願いします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    勤労感謝の日という祝日、1つとってみても、感じ方は人それぞれのようです。

    ツイッターでは



    立場によって、思うことは人それぞれのようです

    ちなみに、勤労感謝の日とは

    国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。1948年昭和23年)に公布・施行された同法により制定された。

    農業国家である日本は、古くから神々に五穀の収穫を祝う風習があった。また、その年の収穫物は国家としてもそれからの一年を養う大切な蓄えとなることから、収穫物に感謝する大事な行事 ウィキペデアより

    記事を気に入っていただけましたら、拍手ボタンをお願いします。

    Twitterアカウント「つぶやきのまとめ」のフォローもお願いします

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    日産自動車、三菱自動車、ルノーの3つの自動車会社において会長を務めていたカルロス・ゴーン氏が、金融商取引法違反で逮捕された事件が、ニュース、ワイドショーなどを通じて世間を賑わせています。
    一説には、今回の逮捕劇はルノーの大株主であるフランス政府主導による、日産自動車買収に日本政府が待ったを掛けるための「国策捜査」ではとも囁かれ、事態はより大きく発展していきそうです。


    しかし、それよりも今回の事件がキッカケとなって、話題になっていることがあります。
    それは、カルロスゴーン氏がMrビーンに激似だという事です

    220px-Carlos_Ghosn240px-Atkinson_RowanWikipediaより

    ツイッターでは




    などと2人の激似ぶりが話題となっています。

    カルロス・ゴーン氏といえば
    フランスの自動車会社ルノー取締役会長CEO(PDG)にして、日産自動車会長三菱自動車工業の会長[2]。またルノーと日産は、2010年以降全世界自動車市場の約10%のシェアを保っているが[3][4]、ゴーンはルノー、日産自動車、三菱自動車工業の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者(CEO)をも兼務する。

    詳しくはここからウィキペディアへ


    一方、日本国民の多くがMrビーンだと思っていたもう一方の方は
    ローワン・アトキンソン氏というイギリスの俳優さんでいることがわかりました。

    イギリスコメディアン俳優脚本家である。

    古典的なホームコメディ『ブラックアダー』『シン・ブルー・ライン』『Mr.ビーン』などで知られる。オブザーバー紙が2003年に集計した「イギリスのコメディアンの中で最も面白い人ベスト50」にランクインし、「コメディアンの中のコメディアン」を決める2005年の投票でもトップ50に入った。 詳しくはここからウィキペディアへ



    「Mrビーン」というのはイギリスのテレビ番組のタイトルで、アトキンソン氏がタイトルと同名の主人公を演じたものが、世界的に有名になり、アトキンソン氏=Mrビーンというイメージが定着したようです。

    今回の騒動で、Mrビーンことアトキンソン氏のyahooやYouTubeでの検索数が跳ね上がったようです。不思議なものですね。



    このページのトップヘ