今年も残すところあと一か月、
やろうやろうと思っていたけど中々始められなかったこと誰にでもあると思います。
そのな時思うのが、来年はしっかりやろう「来年は本気出す」です。

休載が多いことで有名な、週刊少年ジャンプに連載中の「HUNTER×HUNTER」
来週号から再び休載してしまうとのことです。
作者の冨樫先生は、なるべく早い再開を考えているとのことです。

皆さんは何に「来年は本気出す」?


HUNTER×HUNTERとは
週刊少年ジャンプ』(集英社)誌上において1998年(平成10年)14号から連載を開始し、『ONE PIECE』に続く2番目の長期連載となっている。単行本はジャンプ・コミックス(JC)より36 巻まで発刊。累計発行部数は7000万部[2]を超える

休載期間が非常に長く、1999年以降は毎年10回以上休載している。このため連載が再開されるときはネットニュースに掲載されるなど、話題となることが多い。また本誌掲載時にネームに近いラフ画で、背景もほぼ描かれていない状態で掲載されることが頻繁に発生した。最長の休載は2012年16号から2014年26号までの2年2か月(ただし、クラピカ追憶編の読み切りが2012年12月3日に発売された週刊少年ジャンプ1号と12月10日発売の2号に掲載されている)。単行本の刊行では33巻は前巻から3年5か月の開きがある。

2014年37・38号合併号の掲載を最後に腰痛を理由に休載し[4]、当初、2週間の予定であったが[4]、後に未定となった[5]。2016年4月18日発売の20号より再開され、同年7月4日発売の31号まで連載された[6]。その後、2017年6月26日発売の30号から[7]同年9月4日発売の40号まで連載された[8]。2018年1月29日発売の9号から[9]同年4月2日発売の18号まで連載され[10]、9月22日発売の43号から連載中である[11]。このように、2014年以降は単行本1冊分を掲載後、休載するというスタイルをとっている。ウィキペデアより

冨樫先生とは

冨樫 義博(とがし よしひろ、本名同じ[2]1966年4月27日[1] - )は、日本漫画家。妻は同じく漫画家の武内直子[1][注 1]。弟の冨樫(冨樫秀昭)[注 2]も漫画家。

1987年に『『週刊少年ジャンプ』Winter Special』に掲載された「とんだバースディプレゼント」でデビューし、1989年平成元年)から『週刊少年ジャンプ』で開始した「てんで性悪キューピッド」で連載デビュー[1]。主に『週刊少年ジャンプ』で活躍。代表作『幽☆遊☆白書』『HUNTER×HUNTER』『レベルE』はいずれもテレビアニメ化されている。『幽☆遊☆白書』により1993年、第39回小学館漫画賞少年部門受賞。『週刊少年ジャンプ』誌上において『HUNTER×HUNTER』を不定期連載中[注 3]。血液型はA型。

ウィキペデアより











しかし休載を楽しむのも、HUNTER×HUNTERの楽しみ方の一つのようです。
過去の休載時にも








ファンは余裕のようです。
記事を気に入っていただけましたら、このページのブックマークをお願いします。

Twitterアカウント「つぶやきのまとめ」のフォローもお願いします。