つぶやきのまとめ

ツイッターのまとめ・掘り下げ

    2018年12月

    「銀河鉄道999」のメーテルが詐欺撲滅キャンペーンのポスターに起用されました。
    銀河鉄道999とは
    舞台は、銀河系の各惑星が銀河鉄道と呼ばれる宇宙空間を走る列車で結ばれた未来世界(テレビアニメ版では第1話冒頭のナレーションで西暦2221年と設定)。宇宙の多くの裕福な人々は機械の身体に魂を移し替えて機械化人となり永遠の生を謳歌していたが、貧しい人々は機械の身体を手に入れることができず、機械化人の迫害の対象にされていた。そんな中、機械化人に母親を殺された主人公の星野鉄郎が無料で機械の身体をくれるという星を目指し、謎の美女メーテルとともに銀河超特急999号に乗り込む。ウィキペデアより
    「銀河鉄道999」の画像検索結果





    メーテルとは、
    星野哲郎と銀河超特急999号での旅へと導き、共に旅をする謎の美女。母親は、機械帝国の女王プロメシューム。父親は、反機械化世界を目指している ドクター・バン。母プロメシュームの命により「機械化惑星を強化する部品とすべく、鉄郎を始めとする数多くの意思強固な青少年たちを集める」という役目を担っていた[1]。だが、それは同時に父親のバンによる「機械化惑星を破壊すべく、多数の同志をその中心部へ送り込む」という作戦のための行動でもあった。この相反する2つの目的を同時に背負いながら鉄郎と旅をしている。ウィキペデアより
    つまりメーテルは当初、哲郎を惑星の部品とするために、機械の体をただであげると嘘をついて連れ出しました。

    そのメーテルが詐欺撲滅のキャラクターww










    泥棒対策は元泥棒に聞く
    詐欺師対策は元詐欺師に聞く

    元ネタ

    記事を気に入っていただけましたら、このページのブックマークをお願いします。

    Twitterアカウント「つぶやきのまとめ」のフォローもお願いします。


    国民的アニメドラえもん
    「ドラえもん」の画像検索結果

    ドラえもん』とは、藤子・F・不二雄[注 1]による日本児童漫画SF漫画作品。及び、作品内に登場する主人公(未来からやってきたネコ型ロボット)の名前である。

    作者が最も長く描き続けた代表作であり、漫画を原作として、テレビアニメ化、映画化、舞台化なども行われ、多くのキャラクター商品が販売されている。

    誕生から約半世紀を経た現在でも、日本国内では高い人気と知名度を維持しており、2012年9月にはドラえもん生誕100年前を記念して、各地で様々なイベントが開催された。海外でも、東アジアを中心に高い人気を誇る。ウィキペデアより


    そのドラえもんがする温かい目というものが話題となっています。






    管理人はこの目、怖いです

    記事を気に入っていただけましたら、このページのブックマークをお願いします。

    Twitterアカウント「つぶやきのまとめ」のフォローもお願いします。


    ・ part1はこちら
    お坊さんって暇なのか?
    すごい・・・
    フリーザ様も困惑

    ノリノリww




    そう考えるのがヤバいよ!
    封神演義という漫画のこのシーンです(グロ注意)

    約束のネバーランドとは

    最後は癒しで
    記事を気に入っていただけましたら、このページのブックマークをお願いします。

    Twitterアカウント「つぶやきのまとめ」のフォローもお願いします。




    今年も残すところあと一か月、
    やろうやろうと思っていたけど中々始められなかったこと誰にでもあると思います。
    そのな時思うのが、来年はしっかりやろう「来年は本気出す」です。

    休載が多いことで有名な、週刊少年ジャンプに連載中の「HUNTER×HUNTER」
    来週号から再び休載してしまうとのことです。
    作者の冨樫先生は、なるべく早い再開を考えているとのことです。

    皆さんは何に「来年は本気出す」?


    HUNTER×HUNTERとは
    週刊少年ジャンプ』(集英社)誌上において1998年(平成10年)14号から連載を開始し、『ONE PIECE』に続く2番目の長期連載となっている。単行本はジャンプ・コミックス(JC)より36 巻まで発刊。累計発行部数は7000万部[2]を超える

    休載期間が非常に長く、1999年以降は毎年10回以上休載している。このため連載が再開されるときはネットニュースに掲載されるなど、話題となることが多い。また本誌掲載時にネームに近いラフ画で、背景もほぼ描かれていない状態で掲載されることが頻繁に発生した。最長の休載は2012年16号から2014年26号までの2年2か月(ただし、クラピカ追憶編の読み切りが2012年12月3日に発売された週刊少年ジャンプ1号と12月10日発売の2号に掲載されている)。単行本の刊行では33巻は前巻から3年5か月の開きがある。

    2014年37・38号合併号の掲載を最後に腰痛を理由に休載し[4]、当初、2週間の予定であったが[4]、後に未定となった[5]。2016年4月18日発売の20号より再開され、同年7月4日発売の31号まで連載された[6]。その後、2017年6月26日発売の30号から[7]同年9月4日発売の40号まで連載された[8]。2018年1月29日発売の9号から[9]同年4月2日発売の18号まで連載され[10]、9月22日発売の43号から連載中である[11]。このように、2014年以降は単行本1冊分を掲載後、休載するというスタイルをとっている。ウィキペデアより

    冨樫先生とは

    冨樫 義博(とがし よしひろ、本名同じ[2]1966年4月27日[1] - )は、日本漫画家。妻は同じく漫画家の武内直子[1][注 1]。弟の冨樫(冨樫秀昭)[注 2]も漫画家。

    1987年に『『週刊少年ジャンプ』Winter Special』に掲載された「とんだバースディプレゼント」でデビューし、1989年平成元年)から『週刊少年ジャンプ』で開始した「てんで性悪キューピッド」で連載デビュー[1]。主に『週刊少年ジャンプ』で活躍。代表作『幽☆遊☆白書』『HUNTER×HUNTER』『レベルE』はいずれもテレビアニメ化されている。『幽☆遊☆白書』により1993年、第39回小学館漫画賞少年部門受賞。『週刊少年ジャンプ』誌上において『HUNTER×HUNTER』を不定期連載中[注 3]。血液型はA型。

    ウィキペデアより











    しかし休載を楽しむのも、HUNTER×HUNTERの楽しみ方の一つのようです。
    過去の休載時にも








    ファンは余裕のようです。
    記事を気に入っていただけましたら、このページのブックマークをお願いします。

    Twitterアカウント「つぶやきのまとめ」のフォローもお願いします。



    12月になり、街はクリスマスモードです。
    そんなこの時期に、『「く」と打ってクリスマスって出たらリア充』というハッシュタグがトレンド入りしました。

    皆さんの予測変換は「く」と打つと何が出てきますか?








































    ちなみに管理人は供養・グーグル・グンマーでした(笑)

    記事を気に入っていただけましたら、このページのブックマークをお願いします。

    Twitterアカウント「つぶやきのまとめ」のフォローもお願いします。


    このページのトップヘ