つぶやきのまとめ






    記事の内容

    ヤレる女子大学生RANKING」をめぐって抗議の署名活動を行っていた大学生グループが、1月14日夕、扶桑社の週刊SPA!編集部と話し合いを行った。約2時間の対談の中では、記事を書いた経緯や、なぜ編集部で疑問が上がらなかったのか、そして今後の誌面について、大学生らから改善要求があった。


    (中略)

    記事の撤回と謝罪を求めオンライン署名サイト
    Change.orgでキャンペーン「女性を軽視した出版を取り下げて謝って下さい」を立ち上げた国際基督教大学4年の山本和奈さん(21)ら4人。
    山本さんはTwitterやInstagramをきっかけに今回の記事を知り、その後オンライン版で週刊SPA!の誌面を読んだ。過去の誌面などにも目を通して強い疑問を感じ、1月4日に署名活動を始めた。
    署名の呼び掛けは、日本語と英語、スペイン語やノルウェー語で記事の撤回と謝罪などを求めた文章を掲載した。14日午後8時時点で約5万筆が集まっている。全文を読む

    引用元:Yahoo!ニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00010003-huffpost-soci

    Twitterでの反応



      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      




    記事の内容

    18年1月21日のライブでアイドルグループ、ももいろクローバーZを卒業し、芸能界を引退した有安杏果さん(23)が15日、自身のツイッターで「私、有安杏果は2019年、音楽活動や写真活動などを通して表現し伝えていく活動を始めます」と発表した。有安さんは、ちょうど1年前のこの日に芸能界引退を発表しており、1年ぶりの活動再開となる。

    有安さんは「充実した1年を過ごしながら『これからの人生で何をしたいのか…』と自分の気持ちや心に何度も素直に問いかけてきました。表現する人として、明日の希望となるようなモノやココロをたくさんのみなさんに伝えたいと思いました」と活動再開に至った心境をつづった。  全文を読む

    引用元:Yahoo!ニュース(日刊スポーツ)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00447287-nksports-ent

    Twitterでの反応





      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      

      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      

      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      

    選手権の結果

      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      

      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      
      

    このページのトップヘ